謎解き事例紹介

男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇

主催

葛飾柴又寅さん記念館、松竹株式会社、株式会社ハレガケ(NAZO×NAZO劇団)

開催場所

葛飾柴又寅さん記念館

開催期間

2022年4月9日(土)から常設

プレスリリース

https://newscast.jp/news/3782665

男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇

<開催経緯>
開館25周年を迎える寅さん記念館は、併設の山田洋次ミュージアムとあわせて展示物等のリニューアルを行いました。それに伴い、全ての方にいつでもお楽しみいただけるよう、ご自身のスマートフォンを使って謎を解いていく「男はつらいよ AR謎解きラリー篇」と、専用のキットを使って謎を解いていく「男はつらいよ 施設めぐり篇」の2種類のゲームを企画しました。

 

<イベント内容>
■「葛飾柴又寅さん記念館」「山田洋次ミュージアム」謎解き施設めぐり篇
映画『男はつらいよ』の舞台となった「くるまや」のジオラマなど、館内の展示物を手掛かりにしながら、謎を解いていきます。専用キットには、館内のオススメスポットなども掲載していますので、葛飾柴又寅さん記念館と山田洋次ミュージアムの魅力をより深くお楽しみいただくことのできる内容になっています。

 

〜参加者の反応〜
Twitterでは「謎の難易度が簡単なため楽しくスムーズに解けた」「ARが感動しした、お土産が付属していたりし大満足でした」「ARで登場人物を見ることができテンションが上がりました」などの感想があり、大好評のイベントとなりました。

 

<ストーリー>
旅に出たい。あなたはふと、そう思った。
とくに深い理由はない。強いて言うのなら、少し日常に疲れただけだろう。行先は北か南か、あるいは……そんなことを考えていると、ひとりの男の言葉があなたの脳裏をよぎった。

「困ったことがあったらな、いつでも葛飾柴又を訪ねてきな!」

ほんの少し前。風のように現れて、雲のように去っていった“友人”。おそらく、旅に出たいなどと考えたのも彼の影響かもしれない。

姓は車、名は寅次郎。人呼んでフーテンの寅――

謎解きプラスに相談する

「男はつらいよ 謎解き施設めぐり篇のページに興味を持った」とお問い合わせ内容にご記載いただけるとイベントプロモーションに特化したご案内がスムーズに行えます。

イベントプロモーションのイベント事例を見る